白昼未明

芸術、社会、政治、文化など世界に意見するブログ。

興味の暴力

*身ばれ防止のため多少のの脚色誇張をしております。

*ここでの話の対象は、あくまでもそこまで仲良く無い職場の人間関係を想定しています。

 

 

 

職場での同僚は仕事仲間。あくまでも。

 

決して悩みを相談したり、一緒に旅行したりする友達ではない。

 

それなのに何故か仲良し面して人のプライベートを根掘り葉掘り聞いてく人が大嫌い。

お前は何なんだ。いつから私のお友達になったの。

 

こっちはあくまで仕事上の付き合いとして必要最低限度の距離を保とうとしているのに、私の行動をめざとく監視して質問してくる。本当にうんざりする。

 

休憩時間に買い物してくれば、何買ったの?見せて!とか。あぁ、あそこのお店行ってきたのとか。これ。どう反応すれば良いんですか?

 

恐らく私の様にひねくれていない大半の素直な方は、快く見せて話題を広げるでしょう。

 

見せても良いものなら別にそこまで嫌がりませんが、プライベートなものだったら嫌です。また聞かれるから。例えば綺麗な便箋買ったとしたら恐らく「手紙書くんだね。誰に?」みたいな。説明しなきゃ良いのではと思うかもしれません。でもその前に、聞く側に対しどうしてそこまで聞いてくる必要が有るのかと、怒りが芽生えます。

 

私の過剰反応かもしれません。ですが気の置けない友達でもない限りは、仕事の話以外はなるべくしたく無いです。とくにプライベートの話題は。なぜなら私は相手にプライベートな質問しないので、情報提供するだけこっちが損です。

 

引っ越ししたと言えば部屋を見せてと言われるし、(是は引いた。しつこかったが、勿論やんわり断りました)ヴィトンの鞄を持っていれば、買ったんだぁ、へぇ〜(にやにや)とか言われるし。

 

新卒社員がブランド品を身につけては駄目なのですか?

 

内勤の人間とか、社外の人間の目に触れない社員ならば、別に良いのではないかと思います。会社の服務規程に従っている筈なのに、それ以上の制限を強いるのはそこにいる人間です。

 

また私個人の場合、運がいい事に殆ど身に付けるブランド品は祖母や親戚からのお下がりです。何十年も前に購入し、もう使わないからと言って私にくれるのです。思い出が詰まった品物を身につけると気分も良くなります。祖母から貰った時計を身につけるだけで、嫌な仕事も癒される気がします。

 

ですが会社にくれば質問されてしまう。見られたり、聞かれたりするのが嫌で好きなものも身につけられない。周りの反感を買ってしまうのではと怖くなる。何を身につけるのかは自由な筈なのに、その判断基準が他人の視点に置かれている為、異様に支配されている気がしてしまう。私がそれを気にしなくなれば良いのですが、やはりどうしても気になってしまう。職場の人間関係の円滑と自分の気持ちを天秤にかければ、前者を優先した方が賢い。だけども。嫌な気持ちは募って行く。気にされなければ全て丸く収まるのに。

 

私が気にしなきゃ良いのに・・・。でも出来ない。だからこそ苦しい。

 

 

カルティエの時計してたら駄目ですか?ティファニーのネックレスしていたら誰に貰ったのか気になるのですか?エルメスの鞄持っていたらむかつきますか?ヴィトンの鞄を持つのはまだ早いですか?いつなら良いのですか?何もかも聞かなければ気が済まないのですか?

 

私だって他人が持っているものに対して何の興味も無い訳では有りません。ですが心の中で質問は留めます。だってここは職場。私達は友達ではない。

 

いつどこで何をしているのか、行動を監視する様な質問はしないで欲しい。

 

私を見ないで。

 

こうしてブログに書いて振り返ってみれば、これもまた適応障害の一因となったと思います。大学生活では全くなかった行動を伺う様な質問の嵐に、ここに来て初めて晒されたと思います。

 

 

私の事知りたいのですか?

私はあなたの事知りたくも有りませんけど。興味ないですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする